事業ごみを不用品回収に何とかして出せないものか

一般ごみで処分できない事業ごみはどうする

さて事業ゴミの回収ですが主に分けると2種類に分かれるようです。
ひとつは収集運搬業者に依頼する場合があげられます、確実に処分が可能なので依頼は楽かと思いますが、料金ははっきりしませんでしたがかなりの高額なようです。
後もうひとつはゴミ処理センターに自分で持っていく場合があげられます。
10キロ200円程度で処分できるようですので経費的には大幅に安いですね、ただし一般ゴミのように自分で分別が必要なようです。
ただ、自分で事業主が持っていくのは労力としては相当な負担と思います。
後は廃品業者に売るといった方法もあります、主には紙です。
こういったところで経費を浮かして少しでも安い収集運搬業者に依頼するのが現状の対応ではといわれています。

何とかして不用品回収できないのか

そこで何とかして不用品回収できないのかという疑問が起きます。
不用品回収業者は国から産業廃棄物の回収認可をもらっている業者のことです。
一般廃棄物収集運搬業許可、産業廃棄物収集運搬業許可の認定を受けている業者にお願いして引き取ってもらえば不用品回収は可能です。
しかし、何でも回収してくれるわけではありません。
つまり一般ゴミのようにここでも選別が行われます。
適さないものは一緒くたに出しても回収してくれません、はねられてしまいます。
最終的には会社側が分別をしてしかるべき業者に出さなくてはいけないのです。
事業系ごみなのか事業ゴミなのかしっかり事業主が選択して不用品回収と自治体回収を使い分けなくてはなりません。