普段はどのように事業ごみを処分しているか

日々出る事業ごみに対する経営者の対応

そこで経営者の方々の事業ゴミに対する対応ですがそもそも一般ゴミではないので事業者の出す廃棄物のうち、事務所から生じる紙くず厨房の調理くずなどの一般廃棄物を事業系ごみと言います。
それらは捨てることに制限があり、ダンボール、紙のみが捨てられるものでした。
また自治体によっては発泡スチロール、ビニール袋も良いというところもあるようです。
しかしこれら以外は事業系ゴミになり自治体での回収はできないものになってきます。
後はどうしたら処分できるんでしょうか。
一般廃棄物収集業者という業者に依頼して事業系ごみを処理してもらうのが一般的だそうです。
ということはほんの一部のもの以外は事業主の負担で回収するということですね。

普段現場ではそのような対応を

では普段現場では毎日出る事業系ごみ、事業ゴミをどのように対処しているのでしょうか。
やはりほんの一部のものは自治体へ、そのほか大部分は事業系ごみ、事業ゴミとして経費を掛けて回収業者に預けているのでしょうか。
ほとんどの会社は上記のように経費を相当掛けて対処しているようです。
規模の小さい会社や個人事業主は負担が少ないですが、大規模な企業になってくるとその負担も笑えない金額になってきます。
また特殊な物品を扱っている会社などはどうしているのでしょうか。
業者の選定でも金額は違うでしょうし、中には自社持込で経費を浮かしているところもあると聞きます。
いったい負担を少しでも少なくして事業ゴミを処分する良い方法はないものでしょうか。